紬日和

紬好きのひよっこ茶人のたまご
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ゆっくりできるかな〜 | main | ライラックの芽が出た >>

木綿な春分の日

0
    「木綿は春分から」と(ウソ,ただ着たかった(笑)),数ヶ月ががりで作ってもらった木綿のきものを着てみました.

    細かい黒・生成りのチェックですが,写真では分かり難いです.これにオレンジの博多織の半幅帯.半襟は桜の模様の付いた,空色の木綿.グリーンの木綿の足袋を履いて,家の中をうろちょろ.

    片貝木綿なのでかなりしっかりしていて,かなりごわごわしていますが,数時間着ていたら,少しは馴染んだ感じ.持っているもう1枚の木綿のきものは,薄手で柔らかい.オークションで購入したもので,詳しいことは忘れてしまいましたが,アジサイの模様の感じからすると,もしかしたらきもの用の生地ではないかもしれません.

    木綿でもいろんな着心地がありますが,その違いを楽しみつつ.日常着として定着していけばいいのですが.どうでしょ?
    ふだんのきもの | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    この記事に対するトラックバック


    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES




    Live Moon ブログパーツ



    PROFILE