紬日和

紬好きのひよっこ茶人のたまご
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Pippinでひと休み | main | 鰻 >>

きもの熱に火をつけた

0
    きものというものにはずっと近づかないで,成人式はおろか,きもの姿のお見合い写真もなし(というか,お見合い写真自体なし),結婚式は2着ともドレスで,きものとはほぼ縁のない生活をしていた私のきもの熱の火をつけたのが,このゆかた.

    数年前,駅前の某デパートに入って行ったとき目についたのが,玄関横の特設コーナーで開催していた「ゆかた特集」.私に合うきものなんてないと高をくくってちらっとのぞいてみたのが,運の尽き.ありました裄72cmのゆかた.しかも,色合いも私好み.もうこうなったら,買うしかないと買ったのが,このセット.

    それ以来きもの熱はゆかたから急激に広まって,秋には紬を買うまでに成長(?)です.

    今夜から3週(多分)続けて札幌では花火大会が開催されます.今日は明け方雨が降ったものの,その後は曇り空で大会は開催される模様.今夜はそんな思い出のゆかたに久しぶりに袖を通してみました.

    今見ると,トールサイズで長過ぎるし,帯は長尺でいろいろな結び方ができものの,ポリでいまいち絞め具合がよくないけど,でも愛着の1枚です.
    ふだんのきもの | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

    この記事に対するコメント

    ホント,縁は奇なもので,これから,坂を下るように(?)きものに傾倒して
    行きました.

    今見ると,??のところがありますが,でも最初に選んだものですから・・・.
    仰る通り,お茶はその次.ただこちらはこども時代不承不承習いに行かされて,
    その後やめてしまいましたが,強制されないと,楽しさも分かって,
    いまはかなり頑張っています.

    気にもしなかった古いものに惹き付けられるのは,やっぱり日本人のDNA?



    小紫 | 2007/07/21 9:53 AM
    人様の着物への糸口の話を聞くって
    楽しいです。
    そうか〜この浴衣が出会いの始まりなんですねぇ。
    渋めだけど、大きく描かれた百合が
    女らしいですね。
    で、お茶を習い始めたのはその後でしょうか?

    やっぱり日本人の遺伝子情報に着物ってすりこまれているんですよ。そう思います。(*^_^*)
    amethyst | 2007/07/21 7:16 AM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    この記事に対するトラックバック


    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES




    Live Moon ブログパーツ



    PROFILE