紬日和

紬好きのひよっこ茶人のたまご
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 色紙をいただきました | main | 明日はどうしよう!? >>

何を入れる,何を飾る

0
    ウェンズデーさんに新年のご挨拶に行ったときに見つけたのがこのこの漆の器というか,容器.お正月などの祝いの席で,中に入っている(はず)の杯を出して,使うとのこと.杯そのものはなしです.時代的には昭和初期ということであまり古くはない.でも朱色で明るく梅好きの私にはかなり高得点.お値段も超リーゾナブルで,即お持ち帰りとなりました.

    勢いで買ってきましたが,帰ってからどう使うか,冷静になって考えると・・・.
    お祝いの席は非常に少ないというか,あと1年後? であれば,ベッドサイドに置いて,メガネやアクセサリー入れにしたり.あるいは蓋を反転させて上を平らにすると,多分小さなスツールとして花や花瓶だけでも飾るのもいいかも.

    我が家の白梅は今年はいまだ花を付ける気配はまったくなし.絵でもいいから梅を愛でたい雪の札幌です.

    今日はオリジナルに合せたいと思い,自家製の梅酒を飾ってみました.
    古道具 | permalink | comments(4) | trackbacks(0)

    この記事に対するコメント

    pierreさん,すごい凝り性なんですね! 南茅部は祖父が
    単身赴任していて,夏休みに遊びに行って生ウニをいっぱい
    穫って(その当時です)食べた思い出の地です.

    多分,これは一般的な平蒔絵の漆だと思います.残念ながら,
    足の一部にヒビが入っています.開拓者は全国から来ていますが,気候的にやはり裏日本,東北が多いようです.
    厳しい生活の中で持って来た品々も寒さでダメになったり
    散逸したようで,骨董は本州には及びません.

    Stonesは私の青春のアイドルです.ロックを聴きながらの
    骨董市もいいものですね♪
    | 2009/01/17 6:54 PM
    こんにちは〜,骨董というより古道具の方がしっくりくる,
    そんなに古くない品ですが,とても好きになってしまいました.
    梅酒は実家の梅を今年初めて姉ともども漬けてみました.
    私のはちょっとさっぱりしすぎかも.まだまだ母の域になるには
    時間がかかりそうです.

    わが家にも和室がないので,洋室の一部に畳様マットを
    敷いたりして,気分を味わってます.(笑)
    小紫 | 2009/01/17 6:39 PM
    こんにちは!おじゃまします。pierreです。
    関東地方は本日土曜日晴れ、朝はぼんやり
    と富士山が見えましたが、空気は澄んでいない
    ので、残念。窓を開けていても寒くありません。

    古道具、良いですね。最近漆を調べ始めて驚き!
    「漆はすでに9千年前に使われていた」ことが
    函館市南茅部の縄文前期の遺跡の漆塗り副葬品
    の放射線同位体C14の計測で確認されていたん
    ですね。
    チャイナ=磁器と同列でjapan=漆器という
    こともあったようですが、現在は漆原液の
    国内産は大分減っていて、韓国中国東南アジア産
    の物が主流だそうです。漆のお話ねたは多数ある
    ので、またいつかご披露します。
    写真のお道具は研ぎ出し蒔絵でしょうか?
    札幌は明治期に全国各地から入植された方
    が多いと聞きますので、古道具もバリエーション
    があって面白そうですね。

    時々、浦和の調神社(ウサギで有名で狛犬ならぬ狛兎
    ツキノミヤ→ウサギ)で第4土曜日に開く骨董市を
    ぶらぶらすると買いたくなるものがいろいろです。
    などと、書きながら聞いているのは・・・
    ベイシティ・ローラーズのデビューアルバム!
    who,stones,kinks・・・なつかしのブリティシュロック!

    そうそう、先日の別記事のコメントの修正です。
    ケトル→ケテル
    博品館のそばはローマイヤでした。
    ケテルは閉店のままでした。失礼しました。

    お日様は大分傾いてきましたが、今日は夕焼けの富士山は
    見えるかな?このお道具の次の登場スタイルを期待して
    お待ちします。
    またの長文失礼しました〜


    pierre | 2009/01/17 4:01 PM
    こちら雰囲気があってすっごく素敵ですね〜
    こういうのがほこっとみつかるのも
    骨董屋さんならでは。楽しいですよね。
    梅酒もつけるんですね。
    琥珀が漆の色とマッチしてキレ〜イ
    うちは和室がないのでいまさら好きになってきた
    和物をどう家に飾るかが問題です。。。
    確か小紫さんちも?
    amethyst | 2009/01/17 12:14 PM
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    この記事に対するトラックバック


    SELECTED ENTRIES
    RECENT COMMENTS
    RECENT TRACKBACK
    ARCHIVES




    Live Moon ブログパーツ



    PROFILE